洗浄剤とトイレつまり

使い勝手も楽

トイレつまりがおきてしまった場合、誰もがまずは自力で何とかしようと思うものです。ラバーカップがあればそれを使って、とりあえずはトイレつまりを改善することができます。しかし、一般家庭でラバーカップを常備しているという家庭はあまりないものです。また、もっと手軽に使えるものがあればそちらを利用したいと思うのであれば、洗浄剤を使うことをお勧めします。

ドラッグストアでも売られていますし、テレビCMでも宣伝されているため、多くの人が知っているはずです。この場合、トイレ専用の洗浄剤を使わなくてはなりません。流し用やお風呂の排水口用など、別の部分の洗浄剤を使ったのではかえってトイレつまりを助長させてしまうこともあるからです。洗浄剤はただ入れるだけで掃除をしてくれるものとなっているため、使い勝手も楽でいいかもしれません。しかし、ものによっては洗浄剤でもトイレつまりが改善しないことがあります。こんな時には、トイレつまり修理の専門業者に来てもらうことが一番です。

固形の洗剤が原因で詰まった経験

トイレつまりということは、排水側が詰まって水を流しても流れていかなくなって、水を流すと流れていかなくて、だんだん溢れてくるようなことをイメージします。ところが、私の経験の中では、そうではない出来事が起こったことがあります。

それは洋式の大便器のタンクの中に固形の洗剤を落としてしまって、洗剤だからととのままにしておいたら、タンクから便器に水が流れて行く穴にそれが詰まってしまって、用を足して水を流しても流れ出てこなくなってしまったことがありました。トイレつまりが給水側で起こってしまいました、これには驚いてしまいました、当然のことながらタンクの中に手を入れてその穴を塞いでいる固形の洗剤を取り除いて、修理は完了しましたが、こんなふうになってしまうとは想像だにしませんでした。

トイレつまりについては困ってしまう出来事には違いありませんが、こんな珍しいケースを経験するとは思ってもいませんでした。こんなトイレつまりは今後はおこらないようにしたいと思います。

洗浄剤でも解決できない時には

急にトイレつまりが起きてしまった経験が、誰しもがあるのではないでしょうか。ついこないだ、私の家でもそれが起き、半ばパニック状態に陥ってしまいました。清掃用具のラバーカップでトイレつまりを直そうとしても上手くいかず、洗浄剤を使って何とか流れてくれないかと願っても、上手くいかない事が多いかもしれません。

慌てて業者さんに電話をし、対処して貰ったのですが本当に有難いと感じました。特に今は、ネットで検索すると沢山の業者さんがヒットするので、信頼出来る業者さんを事前に調べておく事をお勧めします。

その際は、ネット上の口コミや、レビューを参考にしてみて下さい。第三者による客観的な評価が分かるかもしれません。特に、トイレつまりっていつ発生するか分からないじゃないですか。また、すぐに来てくれるのか、料金は凡そで幾ら掛かるのか分からなければ不安になってしまうかもしれません。掛かり付けの医師のように、水回りのトラブルが発生した時に年中無休で、しかも24時間相談出来る業者さんがいれば、慌てなくて済みますよね。