ボールタップ

トイレつまりかなと思ったらまずボールタップをチェックしましょう。
ボールタップとはトイレの部品です。ロータンクの蓋を開けると、水の上に
白い玉が浮いています。それがボールタップです。トイレを使用し水を
流したあとタンクに水が溜まり止まります。この一連の動きをしているのが
このボールタップです。ここで解決できないようなら、トイレつまりの専門業者に
相談することをお勧めします。

レバーの先端に白いボール(浮き玉)があって、水位の上下ともに動きます。
水を使用し水位が下がると浮き玉も下がります。
そうするとタンク内の水を補給するための弁が開き、給水を開始します。
水位が上昇することにより浮き玉が完全に浮き上がると、弁も閉まり給水も止まります。
ボールタップにも色々な形があります。

横型ボールタップ、複式ボールタップ、WPボールタップ、横型ボールタップ(耐熱ポリ玉)、横型ステンレスボールタップ、セミWステンレスボールタップ、複式ステンボールタップとさまざまあり、メーカによっても多少の違いがあります。ボールタップはトイレのタンクの水を溢れさせないように、適当な水位で水を止める重要な部品です。