神奈川県内のトイレつまりエピソード

神奈川県横浜市

トイレつまりが起こったことといえば、1年ほど前の出来事を思い出します。
それは神奈川県横浜市にある祖父の家で起こりました。
汚い話で恐縮ですが、トイレがつまってしまい、気がつけば汚物とともに水が洋式便器からあふれ出てしまったのです。
そんなときは、「すっぽん」こと、ラバーカップの出番なのですが近くに見当たりません。
泣く泣く手を突っ込んでなんとか対処した経験があります。

だからこそ、ラバーカップをとりあえずトイレに一本用意していれば、万が一のときの対応がしやすいと思います。
あのときはトイレつまりの対処に加えて、掃除が大変でしたから、教訓を生かして今はラバーカップは常に便器の横に置いてあります。
とはいっても、ラバーカップで万が一つまりが取れなかった場合、最終的には業者さんの出番です。特に祖母の家がある神奈川県横浜市が対応エリアに含まれている業者さんの連絡先は覚えておいたほうがいいと強く思いました。

何かとトイレつまりは厄介だと常日頃感じています。
トイレがつまらないように、流すときに気をつけるということはよくやるようにしています。便器の隣に長い棒を一本用意しておき、つまりそうだなぁと思ったらそれでつついて、小出しで流す。これがトイレつまりを起こさないための事前策かなぁと思います。
これからもトイレつまりには慌てずに対処していきたいものです。

神奈川県藤沢市

神奈川県藤沢市にある親戚の家がでトイレつまりが起こったことがあります。
原因としては神経質な親戚が、なぜかウォッシュレットの使用をかたくなに拒否して
トイレットペーパーを流し過ぎること。
トイレットペーパーだから、そのうち溶けると放置しておくと
思わぬときに、トイレの配水管の音がボコボコと聞こえます。
夜中だと、家は幽霊屋敷か、なんて腹がたちます。

もう一つのトイレつまりの原因は、トイレに流せる使い捨てのクリーナーです。
これがなぜか詰まってしまって、お掃除の後に、水が逆流してきます。
お掃除で流した水だからまあいいかと、詰まりに水圧をかける、
あの、ゴムのパコンとする道具で、何度かパコンパコンを繰り返すと治ります。

友人に確かめると、みんな、トイレクリーナーで、トイレつまりを起した経験を持っています。宣伝を鵜呑みにせず、流す必要の無いものは、便利だからと簡単に流さないほうがいいみたいです。使ったクリーナーはすべてゴミ箱に捨てるようになってからはクリーナーが原因で詰まることは有りませんが、問題は一向に改める気配の無い、息子の
トイレットペーパーの過剰使用です。

でも、このトイレつまりは、時間が解消してくれますから、
文句を言いながら、じっと待てば溶けて流れますので、諦めています。

神奈川県川崎市

トイレつまりで困ったことといえば、「すっぽん」こと、ラバーカップの出番のはずが近くに見当たたなかったことです。そのときは、泣く泣く手を突っ込んでなんとか対処した経験があります。(それで解決しました)
とてもトイレや自分自身が汚い状態になり、このまま業者さんに頼まなければいけないのではないか、と懸念したほどです。

今振り返って思うことは、トイレつまりが起こると冷静さを欠いてしまうように思います。
溢れ出てくる汚物と汚水を、とりあえず対処しようとする、そのことで頭がいっぱいになってしまうのです。溢れ出る水の勢いが凄かったときは、ラバーカップのことすら頭に思い浮かびませんでした。
やがてラバーカップのことを思い浮かべるのですが、先述の通りラバーカップが近くにありません。
さらに、汚物を家族に見せたくない、一人で解決したい思いから手を突っ込んでなんとかしてしまおう、という方向へいってしまったのです。
おそらく冷静な第三者のアドバイスがあれば、または日頃の対策を考えていれば結果は違っていたのでしょう。

備えあれば憂いなし、と言いますが、トイレつまりが起きたときのために、必ずラバーカップは用意しておき、自宅が対応エリアに含まれているところ(例えば神奈川県川崎市に自宅があれ神奈川の広域で対応しているなど)業者の連絡先も覚えておくといいと思います。そうすれば、このような汚い経験をせずに済むと思います。

神奈川県小田原市

トイレつまりで困ったことと言えば先日、神奈川県小田原市にある私の実家に甥っ子が遊びに来た際にハンドタオルをトイレに流してしまいつまってしまい水が便器から溢れてしまったことがありました。床がじんわり濡れていてトイレのパイプからはポタポタと水滴が垂れてしまっていて、かなり慌てました。こういう時っていざ経験してみると意外とパニックになってしまうものです。

最初は何が詰まっているのかも解らず、甥っ子に聞いてもあまりの出来事に泣いてばかりいて、タオルだと聞き出すのに時間がかかってしまいました。なんとかしてトイレつまりを解消しようとラバーカップを使ってもタオルが取れず、知り合いの水道屋さんに頼んだんですが次の日まで来れなくてその日はトイレに行きたくなるたび近所のコンビニに借りに行くという経験をしたことがありました。

こういう時は24時間対応の水道修理やトイレつまりを直してくれる会社があるので、いざという時にパニックにならずに済むように、キッチンの冷蔵庫や電話の近くにすぐ電話をかけられるように電話番号を控えておくようにして置くと便利です。また私の実家でいうと神奈川県小田原市が対応エリアになっている業者(出張してくれる業者)を探しておくといいでしょう。トイレって普段何気なく使っていましたが、使えなくなるとこんなにも不便なんだと実感できた出来事でした。

専門のアドバイザーが24時間対応

トイレつまりを直してくれる神奈川県の優良な業者は、専門のアドバイザーが24時間対応してくれるのだそうです。
この神奈川県の業者は、すぐに駆けつけてくれて、トイレつまりを治してくれます。
この業者は除菌消臭や高速乾燥といったこともしてくれますので、つまりがひどくて悲惨なことになってしまったという場合でも安心して依頼できます。
この業者は、自社修理を行っているので、修理代金以外の余分な費用を取られることもありません。
即日修理にも対応してくれますので、急いで直したいという場合でも気軽に依頼することができます。
この修理業者は10年以上の長い経験を持つスタッフがそろっているため、とても信頼性が高いです。
またこの業者は、テレビ CM や雑誌の広告などの、高い宣伝広告費をかけていないため、他の会社より格安の料金でトイレのつまりの修理をしてもらえるのだそうです。
しかもアフターサービスも充実していますので、トイレの修理をした後にまた具合が悪くなってしまったという時でも大丈夫です。

トイレつまり 神奈川県の業者

急いでいて、一度に、紙をたくさん流しすぎてしまったら、トイレがつまってしまった、という経験は、誰もが持っているのではないでしょうか。自分でなおせるときもありますが、場合によっては、いくら努力しても、つまりがなおらないことがあります。そのようなトイレつまりのときには、専門の業者に依頼したほうがよいでしょう。神奈川県にも、トイレつまりをなおしてくれる業者が存在します。
専門業者は、トイレのつまりを特別な機械でなおしてくれます。経験豊富なプロですので、安心してまかせることができます。また、依頼すれば、すぐに対応してくれるはずです。トイレのつまりは、放っておくと、衛生面でも問題がありますので、できるだけすぐに、依頼するようにしたほうがよいでしょう。希望すれば、事前の見積りも出してくれるはずです。
トイレつまりを起こすと、焦ってしまいますが、神奈川県では、専門業者がいますので、心配することはありません。