防止策を考える

異物を流さないようにする

トイレは、普通の使い方をしていたら、トイレつまりは、滅多な事では起こらないように設計されています。だからトイレが詰まるのは、よっぽど、おかしなものや、大きなものをトイレに流してしまったからだと思います。人間の体から、出てくるもので、トイレつまりを起こすのは、よっぽどのことで、まずはあり得ないことです。しかも、トイレの構造としては、便器を通過したら、その先はもっと太い大きなパイプになっていますので、ここまできたら、もう詰まることはほとんどありません。

たまにそのパイプに草のようなものが生えて、それがパイプの通りを悪くして詰まることはありますが、それはめったにないことです。したがってトイレが詰まった場合は、トイレを使用した人間が、本来は、トイレに流してはいけないものを流したのだと推察されます。その解消法としては、専用の道具を日曜大工店あたりで買ってきて、気長に貫通するまで、掃除するしかないと思います。

トイレつまりの防止策を考えてみよう!

トイレつまりにならないようにするためには、日頃からキレイに掃除しておくことが重要と言えるでしょう。また、定期的に専門業者にメンテナンスに来てもらうのもいいと思います。トイレつまりの原因としては、たいてい、部品などが古くなっていたり、間違った使用方法を行っていたりすることなので、それらに注意していれば頻繁に業者を呼ぶこともなくなるはずです。

我が家ではきちんと掃除をしていますし、異物を流すこともせず、丁寧に使用するよう心がけていることから、あまり専門業者に来てもらったことはありません。また、トイレつまりの防止策として、流れやすいペーパーを使うことも一つの手だと思います。それから、硬い便を出してしまうと流れにくくなってしまうことから、一人一人が正しい食生活を行うことも防止策の一つとなることでしょう。
トイレつまり専門業者のホームページを見て、どんな使い方が正しいのか、
知識を身につけることも大事です。
日頃からの使用の仕方がものをいうことになります。

使用してはいけないもの以外は流さない

トイレつまりが起こらないようにするためには、日頃から防止策を行うことが一番です。その方法として挙げられることは、まず、使用してはいけないもの以外は流さないようにすることです。

わざとではなくても、突然、ポケットに入っていたティッシュやハンカチなどが落ちて流れてしまうことがあります。しかし、こういった物がトイレつまりの原因となってしまうことがほとんどです。できれば、ポケットには何も入れずに用を足すようにするといいと思います。また、トイレつまりの防止策として、水の勢いを強くしておくという方法もあります。勢いが強ければ、どんなものでもしっかりと流してくれるはずです。

ただし、これはあまりお勧めの方法とは言えません。と言うのも、水道代がかかってしまうからです。トイレつまりが起こらないようにするためには、水の勢いが弱くてもしっかりと流れるように、あまり大量にペーパーを流さないということにも気をつけるべきです。

トイレットペーパーを大量に流さない

トイレのトラブルは、どの家庭でも一度くらいは経験があると思います。特にトイレつまりは起こりやすいものです。
油断してトイレットペーパーを多く流してつまってしまうことはよくあります。普段から気をつけていても、ふとした拍子に起こってしまうものなので怖いものです。

トイレつまりを防止するにはやはりトイレットペーパーを大量に流さないように気をつけることが第一だと思います。ペーパーの使用量が多くなりそうな時は複数回に分けて流すようにするとつまりを回避できます。また、柔らかいペーパーを使用するとすぐにほぐれるのでつまりにくいです。

そして、トイレットペーパーの芯やナプキン、ティッシュペーパー、携帯電話など水に溶けないものを流さないように注意するこのも肝心です。そういった異物を間違って流してしまった場合は、自分で解決しようとせず専門の業者さんに依頼するようにした方が確実ですし安全です。
トイレつまりが起きた時は焦らずむやみに自分で解決しようとせず、正しい対処の仕方が重要です。

パイプを洗浄

トイレつまりは、よく多くの人が利用するトイレで発生することがあり、特に公衆のトイレでは見かけることがあります。そのトイレつまりの原因には、本来流すべきではない固形的な異物がパイプに詰まってしまい、それが原因で詰まることが多いです。

普通に用を足してトイレットペーパーを利用して流しただけでは詰まらないというのが本当の所です。確かにトイレットペーパーの量を沢山流した場合には、一時的に詰まることがあります。

それでも水圧をかけてパイプを洗浄したり、真空式のパイプクリーナーを使うなどの対策を行えば、直ぐにそれを解消することが出来るはずです。もし仮にトイレつまりの防止策があるとしたら、それは固形的な異物を絶対に流さないようにすることが考えられます。それ以外には、流すパイプの大きさを工事によって換える方法しかありません。

ただ実際にはトイレつまりが発生したら、トイレつまりの原因である異物を速やかに取り除くことが必要である訳です。その異物を直接針金等でパイプに差し入れて取り除くか真空式のパイプクリーナー等を用いて取り除く方法が手段としてあります。