真空ポンプでつまりを解消

真空ポンプを使う事で、トイレのつまりを解消します。ラバーカップと似ていますが、吸盤を排水口に押しつけて、注射器のように取っ手を引っ張るタイプが一般的のようです。(より性能が良いものは業者でも使っていることもあるようです。)
下の方で紹介しておりますが、ガン式なんて便利なのもあります。
トイレの排水口に合わせてカップ径を選択して下さい。
真空ポンプでトイレつまりが解消されない場合、業者に依頼するのは仕方がありません。
実際に作業をする時は、ごみ袋を二つ折りにして、ハサミで穴を開けます。(水がはねてしまうので)袋はなるべく透明の方がこの後の作業がしやすいと思われます。吸盤が全部つかるぐらいまで水を足して下さい。(溢れかけている場合はそのままでOKです)そうすることで、吸引力を高めることができます。
あらかじめごみ袋の穴から真空ポンプの筒の部分を通しておき、袋を便器にテープで止めます。カップ部を強く押し当て、取っ手を引くとガボッと吸い込みます。戻す時は水が逆流しますので少し浮かせてからにして下さい。バケツから水をじわじわ流して下さい。すぐに水が流れるようであれば、つまりは解消されたといっていいでしょう。