止水栓を閉める

トイレつまりが起こって、いざ対処しようというその前にまず止水栓を閉めましょう。
トイレつまりに対処する場合、この止水栓を閉める作業を行わないと、修理中にタンクや便器から水が溢れてしまう事があるので、必ず止水栓を閉めるようにしてください。
止水栓の場所ですが、タンクから給水管が壁または床に向かって伸びていると思いますが、ちょうど壁または床の連結部分にあります。(近くに止水栓がありません・・・という場合は、家屋全体の元栓を閉めましょう。元栓は水道メーターの近くに付いていると思いますが、場所や形は種類や新旧によって違います。また、止水栓が硬くてまわらないという時も、無理をすると止水栓が壊れていしまう事がありますので、元栓を閉めるようにしてください。)
止水栓があるのを確認したら、マイナスドライバーを用意して、止水栓を時計回りに回してください。そうすれば水が流れるのを閉めることができます。マイナスドライバーが無い場合、10円玉などがあれば、止水栓を閉めることができます。
もしかすると、止水栓を閉める時に水がはねてしまう事がありますので、ビニールシートや使わないタオルなどを床に敷いておくと良いかもしれません。