我が家のトイレトラブル

まだ下の子どもが赤ちゃんの頃の話になるのですが、おむつの中にあった便を、私はそのままのかたちでトイレに流していました。結構丸まった状態だったこともあるのですが、そのままで流していたところ、だんだんとその流れが悪くなっていきました。

「ああ、そろそろつまりを何とかしないとまずいことになるかな」と思っていたところ、急にその日はやってきました。あれは上の子どもが一人でトイレに入っていた時のことになるのですが、トイレの中から子どもの大きな声がするのです。「水が」という声。見に行ってみると、便器から水があふれて床が水浸しになっていました。

どうやら上の子どもは流れないので何度も水を流したようです。そして、なかなか流された水が下に流れていかず、トイレの床を水浸しにしてしまった、ということでした。私は急いで水を止めて、水が少し減ってきたのを見計らってラバーカップを使ってそのつまりを直しました。そしてその時、トイレのつまりは放置しておいてはいけないということを実感しました。

トイレのトラブルは早めに対策しよう

水周りは漏水がおきたり、水道管が詰まって水が流れなくなったりと
トラブルが起きやすい場所となっています。
特にトラブルが多い場所にトイレがあげられます。

水が漏れてきたり、水が止まらない、詰まらせてしまったなどの経験は誰にもあるのではないでしょうか。
我が家でも一度、トイレを詰まらせてしまったことがあり、とても焦りました。

そのときは以前から用意してあったラバーカップで対応ができ、ほっとしましたが、
やはりトイレットペーパーを流しすぎたりしないよう気をつけて使いたいものです。

それから流れている水が止まらなくて焦ったこともありましたが、説明書を
見てみると、部品が一部外れていただけで、それを元の位置に戻すことで簡単に
修理ができてほっとしました。

トイレは特に使えないと困ってしまう場所ですし、自分では対応できない故障や
不具合も起きる可能性がありますので、もしものときにも慌てないよう、日頃から
すぐに対応してくれる業者は見つけておきたいものです。