トイレつまり・異物

トイレつまりは異物が原因

トイレつまりが起こる原因の一つとしてよく挙げられるものは、異物です。異物が入ってしまうことによって、トイレつまりが起こりやすくなるため、これは日頃から注意をした方がいいと言えます。例えば、規定のトイレットペーパー以外のものは流さないようにすることも必須です。

最近では携帯電話など、ポケットに入っている物を落としてしまいやすいため、こういった物も落とさないようにすることも大事です。携帯電話のように大きな物であれば気付いて取り除くことができますが、もう少し細かな物ともなると簡単に取り除くことはできません。

ちょっとした物でもトイレつまりの原因となってしまうため、小さな物ほど落とさないようにすることが重要と言えます。もし、トイレつまりが起きてしまった場合は原因を知るところから始めないことには処理も難しくなるものです。通常、トイレつまりの専門業者に依頼して異物を取り除いてもらうことが望ましいと言えます。

子供を育てていると付きまとう災難

子供を育てていると想像をはるかに超えることをする事があります。例えば虫かごをキッチンの電子レンジの中に片付けてみたり、泥水をコーヒーのまねをしてゴクゴクと飲んでしまったり、米粒で豆まきをしてみたり、発見した時に悲鳴を上げてしまうことも少なくないのではないでしょうか。

その中でも一番困る事といえば取りかえしのつかない事です。バッタの入った虫かごがレンジに入っていたとしても悲鳴を上げて驚けばそれでお終いです。しかしトイレつまり異物となると話は違ってきます。トイレに異物を入れるといけないというのはある程度の年齢になると子供でも理解します。オモチャを持ち込んではいけないと教えている親なら、きちんとおもちゃを置いてトイレに入るはずです。

しかしそこまで分からない子供がトイレに何かを入れて、水を流してしまうという事故は意外と少なくないのです。つまりを直す道具で直せるなら、叱って終わりなのでしょうが、溢れてしまうほど異物が大きかった場合、業者を呼ぶしかありません。そうなると修理費が必要になります。そんなことの繰り返しで子供は大きくなるのかもしれませんが取り返しのつかない事だけは避けてもらいたいものです。